世界への可能性

英語が話せるだけで、世界が広がります。そのため、子どもをもつ親御さんは、子どもの可能性を広げてあげるためにも英才教育や塾選びを頭に入れておくと良いでしょう。

個別指導の強み

  • 成績アップの秘策を考えてくれる
  • テスト対策の徹底
  • マンツーマン体制で集中できる

英語保育園や個別指導の重要性を知ってバイリンガル教育

学生

子どもにあった勉強方法を選ぶ

勉強がスラスラできる子もいれば、難問に立ち止まってしまう子どももいます。そのため、塾に通わせるのであれば子どもの性格を理解した上で塾を選んでいく必要があるでしょう。例えば、わからない点を先生に質問しにくい子どもであれな、個別指導塾のようなマンツーマン体制の塾が合っています。自分の勉強を見てくれている人がいるので安心した環境の中で勉強が進められるでしょう。神戸には個別指導に適した塾があるので近くにお住まいの際には選んでみると良いです。

小さいころから英才教育

お子さんをお持ちのかたはこれからを生きる子どもさんのために英才教育を受けさせたいと考えている人も多いです。今では保育園でも英語を教えながら預かってくれる保育園が存在するので、幼少期からの教育をしたいなら英語保育を検討してみると良いでしょう。

安心できる言語教育

英語保育はオールイングリッシュですが、保育園入園の時には日本語での保育を受けられます。年齢と成長に合わせて英語保育へと変わっていくため、英語と日本語のどちらも覚えていくことが可能です。

[PR]
フィリピン語学留学を利用しよう
長期休暇を利用して勉強をはじめよう

英語が使えることで広がる可能性

進学や就職に有利

英語が使えるようになると、TOEICや英検といった英語の資格を取得することができます。英語の資格を持っていると、進学や就職で立場を有利にすることが可能です。進学後や就職後も、試験で好成績をとったり、新しい企画を任されたりと、活躍する機会が増えるでしょう。日本で英語が使える人材は優遇されやすくなります。

海外旅行や留学で安心

日本以外で日本語が通じる国はありませんが、英語が使えると、ほとんどの国で意思疎通をはかることができます。海外旅行でも英語が使えると、現地の人に道を訪ねたり、レストランで料理を注文したりすることが可能になります。フィリピン語学留学も、あらかじめ英語が使えると初心者の人よりも効率的に英語力を伸ばすことが可能です。

海外の情報をいち早くゲットできる

世界を揺るがすようなニュースは、アメリカやイギリスなどの欧米諸国で始めに発信されることが多くありますが、海外で発信された情報が日本語に訳されて日本のニュースになるまでには長い時間がかかってしまいます。しかし、英語が使えるようになると海外のニュースや新聞をチェックすることが容易になるので、海外の情報をいち早くゲットすることができます。

海外との人と繋がりがもてる

日本語を話す人口は2億人もいませんが、英語を話す人口は世界で約18億人いるといわれています。世界のグローバル言語として定着している英語を使うことができれば、世界中に友達を作ることが可能です。今の時代はインターネットを利用することで、海外と容易につながることができるので、外国人の友達を作りたい方はぜひ英語を勉強しておきましょう。

趣味の幅が広がる

英語が使えると趣味の幅が広がります。例えば、英語で書かれている本を読んだり、ハリウッド映画を字幕無しで観ることができます。また、バスケットボールが趣味の方は、英語が使えるとアメリカのバスケットボール雑誌を読むことができたり、海外のサイトですぐにバスケの最新情報を入手することができるようになります。今までよりもさらに楽しく毎日を過ごすことが可能です。

広告募集中